読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道の18卒就活について、かんがえてみる。

Goodfind北海道が北海道の就活生に対し有益なコンテンツを届けるメディア、インターンや本選考、合同イベント・企業紹介についても発信。

北海道の就活について考えてみる

Goodfind北海道が就活生に対し就活ハックを届けるメディア

企業紹介part2 & ちょっとみんなに発信したい事

【2/18 キャリアサミット企業紹介 第2弾!】

 皆さんこんにちは~~

 ついに雪まつりが開幕しましたね。

 今週のセミナーを担当したGoodfind講師の織田さんは

 雪像の前で自衛隊の人たちの乾杯をみたそうです!

 自衛隊のみなさん、毎年お世話になっています('◇')ゞ

 積み上げてきたものが形になって見える嬉しさは感無量ですよね。

 

 さて、今回は参加企業10社の中でも

特殊な経歴をもつネクスウェイの紹介です!

f:id:fearless0603:20170206174647j:plain

 

【ここがポイント】

 

1)リクルートの事業部

 

 ネクスウェイは2004年に株式会社リクルートの一つの事業部を、独立・分社化して生まれた企業です。まだ現在のように「リクルート○○」という社名ではなく「リクルート」の時代を知る社員が多いということが、新卒にとって魅力的な環境です。

 

2)伝わるを真っ芯でとらえる!

 

 ネクスウェイの掲げているコンセプトとして

 【伝わる→動かす】という考えがあります。

 

 「情報を伝えたその先に、行動を起こす」

 

という大きな目的に本気で取り組もうという考えです。

 例えば、野球でホームランを打つ際にはボールをバットの芯でとらえることと同じく、芯である企業のニーズにあったソリューションで情報というボールを打つことということです。

 

3)採用方法がおもしろい!

 新卒採用の説明選考会では、一緒にクロワッサンを食べて、カジュアルな雰囲気の中で行われます。

【互いに知り合う】ことを重視しています。

また、毎月「8」「3」のつく日に、開催される「83cafe」では、様々な就活のへの想いを打ち明けることができます。しかもフリードリンク、フリーフード!!地方就活生にとってこれ以上ないありがたさですね~~~

 

f:id:fearless0603:20170206175211j:plain

 

 

4)これから変革期を迎える。

 他にも店舗間での情報共有を円滑にするチェーンストアの支援や、

デジタルサイネージの情報をまとめたメディアなど、

これからの事業展開にも注目が集まっています!

詳しくはキャリアサミットに来て、直接聞いてみましょう!!!!

 

【キーワード】マーケティングコミュニケーションデザイン、BtoB

業務効率化、ビジネスソリューション、老舗

【設立】2004年10月1日(株式会社リクルートより分社独立)

【人数】132名(男83名、女49名)

【事業内容】情報通信提供サービス事業

 

【こんな人におすすめ】

どのようなと働くのかを軸に企業を選びたい方

明るく風通しの良い社風の企業で仕事をしたい方

マーケティングに興味がある方

カジュアルな雰囲気の中で若手社員の本音を聞いてみたい方

 

【最新ニュースor要チェック事項】

http://markezine.jp/article/detail/22575

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0801/22/news03.html

 

ネクスウェイも参加('◇')ゞ

採用担当者から話が聞けるハイパー限定イベント

www.goodfind.jp

 

 

そして、、、

企業紹介ばかりだとやっぱり飽きると思うので

ちょこっとだけ知って得するコラムを発信しいていきまーーす

今回のテーマは・・・・

 

 

定義づけです。

*以降けっこう長いので、時間のない人は最後の段落だけ読んでみてください。

 

皆さんもどこかで聞いたことがあるでしょう。

グループディスカッションでの前提を確認する時に、よく聞きますよね。

今回はよく落ちってしまう【定義づけ】の罠を説明したいと思います。

 

簡単に実例をもちいて、説明します。

社会人が働く上で必要なことは?というお題が

札幌での説明選考会で出ました。

みなさんはどう考えるでしょうか?

(是非、自分なりに1分程度で発表するつもりで考えてみましょう)

 

ちなみに、その時の環境は9人1グループでした。

ここで私が所属していたグループは

進行役の人が早々に発言し、初めに時間配分の設定をしてくれました。

またその時点で、すでにうつむいている、やる気のない雰囲気の人がすでに3人いました。(おそらく、説明会の時点で相性がよくなかったのでしょう。。。)

 

しかし、お題を分解しようとグループが動いた際に、

就活をある程度している、名前が知られている女の子がこう発言しました。

「それじゃあ、このグループみんな文系だし、

 社会人を営業職に定義するのはどう?」

さらに周りの就活生は

おーー、それいーね、イメージしやすい。

時間的にもそれでいこう!」(タイムキーパーらしき人)

 (↑これがいいかはまた別の話で)

 

私は大学で文転した、いわゆる元理系なので

「見落としがないか、当てはまらないのって存在しない?」と考える傾向があるので

【えっ、社会人ってみんな営業職?】

という疑問が浮かんできました。

つまりは、社会には私がだけで少なくとも、SEという職種が存在していたので

それはお題にある【社会人】から議論するエリアを縮めていると思ったのです。

 

 

そこで、こう発言しました。

「営業職に限定しちゃったら、【社会人】というお題に答えてない気がする・・・」

 

その時の周りの反応は「んっ????」

詳しく説明すると何人かは共感してくれましたが、

その女の子はもう頭がついてこれない様子になってしまい、

そのまま議論に参加できませんでした。

 

 

そして、企業からの模範解答の時間の際に

「社会人」に共通することは

【インプット、プロセス、アウトプット】

PDCAサイクルの連動という説明がありました。

 

 

このエピソードを通して、、、

 

自分たちが問題を考えやすいように

曖昧な言葉を明確にすることは必要です。

 

 

しかし、自分たちが考えやすいように範囲を限定して

【定義づけ】をしてしまうことは

問題を矮小化することにつながり、

お題に答えていない状況になってしまうのです。

 

みなさんがこれに陥らないためにも

【お題に答えているか】

【見落としている集団はないか?】

という視点で

確認を挟み、考えることが重要なのです。

 

なが~~く説明してきましたが

これに対しても企業によって解釈・考え方があると思います。

はい、一ミリでも自分当てはまるかもと思った人!!!!!

 

社会人に聞いてみるのが一番早い!!

そんな時にちょうどいい機会が

2/18 13:00~の「キャリアサミット」でーーす!

www.goodfind.jp

 

まよったらアクションです!!!